必見!青汁活用術

Techniques of green juice

メインイメージ

青汁の栄養素を徹底活用

青汁はさまざまな症状に効果を示す素晴らしい健康食品です。
それゆえに数多くの製品が登場しており、今では星の数ほどもあります。
それだけ注目されるのには、ひとつの背景があります。

それは「豊富な栄養素」です。
普段の食生活から摂取するだけでは不足しがちな栄養をたくさん含んでいるのです。
そのことから、私たちの身体のバランスを正常化してくれます。

原材料によっては特有成分が配合されていることもあります。
しかし、やはり一般的な栄養素のバランスと豊富さにも注目せざるをえません。
具体的にはミネラル・ビタミン・食物繊維などが挙げられます。

ここでは、青汁に含まれている栄養について詳細に解説しています。
含有量などから製品選びの場面でも有効かもしれません。
こちらでは、性別・世代別の人気青汁が紹介されています。

ビタミン

人間に必要不可欠と言われている栄養素をまとめて【五大栄養素】という事があります。
そのうち最も現代日本人の生活で不足しがちなのが、このビタミンでしょう。

もちろんビタミンと一言でいっても、様々な種類が存在します。
代表的なのはビタミンCで、強力な抗酸化作用から美容にも高い有用性を示すと評価されています。
この他にもβカロチンやビタミンB群などが代表的な例として挙げられます。

青汁には上記のビタミンが豊富に含まれています。
それ以外の種類も実に様々なものが含有されているのです。
これは原材料が青野菜であるということが最大の背景かもしれません。

ビタミンは身体的な部分はもちろん精神的な側面にも効率よく働きかけます。
例えば、ビタミンEはストレスの鎮静化に効果的と言われています。

しっかりと活用して健康を保ちましょう。
こちらのサイトでは青汁が育毛にも効果があると紹介されています。

ミネラル

ミネラルもビタミン同様に五大栄養素のひとつとしてあげられます。
最大の特徴としては「摂取のしすぎも不足もトラブルの原因」という事です。

しかし基本的には不足しがちな傾向にある成分が多いでしょう。
体内では生成できず、体外から摂取するしかない成分もあるため、
サプリメントや健康食品から意識的に摂取する必要のあるものもあります。

例えばマグネシウムは重要な役割を果たすミネラルの一つです。
これは基礎代謝の促進やストレス発散に効果を示す物質です。
他にも骨や歯などを構築する成分としてカルシウムも有名です。

食物繊維

野菜不足の現代人にとって最も不足しやすい成分のひとつです。
近年まで有用性が知られていませんでしたが、研究の結果によって効果が確かめられました。
そのため【第六の栄養素】と表現されることもあります。

最大の特徴は整腸作用にあります。
お腹のなかの調子を整えて便秘を改善する機能を持っています。
便秘はさまざまな弊害をもたらしますが、それらも解決することが出来ます。
食物繊維と青汁の関係については、下記サイトもご覧ください。